証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > イベント情報 > 新時代に生き残る飛躍的成長を遂げる企業の創造

新時代に生き残る飛躍的成長を遂げる企業

セミナーについて

イノベーションを実践、実現しようとする企業の
先駆的な取り組みを行う経営者が今、何を考え、何を創ろうとしているのか。

破壊的イノベーション時代が到来し、何十年、業界によっては何百年と続く伝統産業においても、革新的な技術に基づく先進的ビジネスモデルの登場により、劇的な構造変化が起きております。イノベーションを起こす商品やサービス、ビジネスモデルは既存業界の延長にはなく、これまで全く認識されていなかった所から突然現れます。

このような状況の中で、東証一部のみならず、東証二部や新興市場に上場する各々の企業が、今後、持続的かつ飛躍的な成長を遂げるためには、新たな価値の創造に取り組んでいかねばなりません。

本セミナーでは、次世代ビジネスモデルの創造を実践している様々な企業の経営者にご登壇いただき、これまでの取組み内容や今後の展望についてお話しいただきます。参加される経営層の皆様には、先進的ビジネスモデルにより飛躍的な成長を遂げた企業、そして挑戦を続ける企業から、貴社における新時代のイノベーションについて考察し、飛躍的な成長を遂げるためのキッカケを得られる場になればと考えております。

プログラム

13:30

開場、受付開始

14:00

挨拶

静 正樹 氏(株式会社東京証券取引所 取締役 / 専務執行役員)

14:10

第1部 基調講演(50分)
「飛躍的成長を遂げる企業の成長モデルと未来を創造・変革するイノベーション」

間下 直晃 氏(株式会社ブイキューブ 代表取締役社長)

東証マザーズ上場後、2年足らずで東証一部への昇格を果たし、飛躍的な成長を続けている株式会社ブイキューブより間下社長をお招きし、ビジュアルコミュニケーション技術を応用した、新たな社会インフラの創造についてお話しいただきます。

15:00

第2部 基調講演(50分)
「DNPにおけるイノベーションの実践と新たなる価値の創造」

森野 鉄治氏 (大日本印刷株式会社 専務取締役)

市場が縮小を続ける印刷業界において、業界の雄でありながら、既存の「印刷」に留まらず、「情報」という新たな事業を創出し、さらなる事業領域の拡大を目指す大日本印刷株式会社より森野専務をお招きし、大日本印刷株式会社がこれまで挑戦してきたイノベーションや先駆的取り組み、今後の展望についてお話しいただきます。

15:50

休憩(10分間)

16:00

第3部 パネルディスカッション(90分)
「イノベーションを実現する思考と実践的アプローチ」

間下 直晃 氏 (株式会社ブイキューブ 代表取締役社長)
森野 鉄治 氏 (大日本印刷株式会社 専務取締役)
松田 修一 氏 (早稲田大学 名誉教授・商学博士 /
証券リサーチセンター 代表理事)
井上 誠 氏 (株式会社中村超硬 代表取締役社長)
中村 友哉 氏 (株式会社アクセルスペース 代表取締役)
船橋 仁 氏 (株式会社ICMG 代表取締役社長 /
証券リサーチセンター 理事)

日本を代表する大手企業から注目のベンチャーまで、様々なステージ・分野においてイノベーションに取り組んでいる方々をお招きし、その具体的な施策や今後の展望などについてお話しいただきます。

17:30

休憩(15分間)

17:45

懇親会(90分)

企業紹介プレゼンテーションや共通課題についての意見交換等により、親睦を深めていただきます。
※軽食をご用意いたします

19:15

閉会

パンフレットのダウンロードはこちら

受付終了しました

スピーカー

スピーカー

間下 直晃

株式会社ブイキューブ
代表取締役社長

  • 第1部 基調講演
  • パネルディスカッション
    パネリスト

慶應義塾大学在学中の1998年に、Webソリューションサービス事業を行う有限会社ブイキューブインターネット(現:株式会社ブイキューブ)を設立。その後、ビジュアルコミュニケーション事業へ転換し、国内Web会議市場のシェアナンバーワンを2008年より連続獲得。現在は市場全体を成長させるため、企業内利用に加え、教育、医療、金融、ロボティクス分野の活用拡大を図る。また、アジアナンバーワンを目指し、2013年よりシンガポールに移住し、海外での事業展開を積極的に推進。

スピーカー

森野 鉄治

大日本印刷株式会社
専務取締役

  • 第2部 基調講演
  • パネルディスカッション
    パネリスト

大日本印刷株式会社にて1992年、スムーズシステム推進部長に就任し、業務改革を中心としたビジネスの効率化、コスト構造改革に取り組む。その後、2001年、事業企画推進室長に就任し、DNPグループビジョンの実現に向けた様々な活動に従事し、改革のスピードアップとコア事業の周辺機能を整備すべくM&Aを活用した数多くの施策を推進。2002年に取締役、2005年に常務取締役、2014年に専務取締役に就任し、2016年4月より事業企画(統括)担当として現在に至る。

スピーカー

松田 修一

早稲田大学
名誉教授・商学博士 /
証券リサーチセンター
代表理事

  • パネルディスカッション
    パネリスト

監査法人サンワ事務所(現監査法人トーマツ)入所し、中堅・ベンチャービジネスの経営支援、上場準備会社監査、企業内研修等に従事。その後、博士学位取得後、1986年より早稲田大学で助教授、91年教授となる。一貫して日本のイノベーションや技術ベンチャーの支援・制度変革に関与。現在、日本ニュービジネス協議会連合会副会長、ウエルインベストメント株式会社取締役会長等、世界に通用する技術やビジネスモデルを有するベンチャー企業の支援を積極的に行っている。

スピーカー

井上 誠

株式会社中村超硬
代表取締役社長

  • パネルディスカッション
    パネリスト

1978年、ソニー(株)に入社し、家庭用VTR向け生産設備の設計、超音波モーターなどの研究開発に従事。その後、義父が経営する小規模であった(株)中村超硬に入社し、ダイヤモンドを頂点とする「超硬い材料」の応用技術を磨いて成長を遂げ、2015年に東証マザーズへ上場。?現在は、産学官連携を推進力とする効率的R&Dにより、ものづくり現場力に立脚した新事業創出を目指す。

スピーカー

中村 友哉

株式会社アクセルスペース
代表取締役

  • パネルディスカッション
    パネリスト

東京大学在学中に3機の超小型衛星の開発に携わり、卒業後、同大学特任研究員を経て2008年にアクセルスペースを設立、代表取締役に就任。ウェザーニューズ社と世界初の商用超小型衛星を2013年に打ち上げるなど、これまでに2機の衛星の打ち上げ・運用実績を有する。本年8月にはJAXAより革新的衛星技術実証プログラムにおける衛星開発・運用を一括で受託した。また、昨年秋に大型資金調達を行い、2022年までに50機の衛星を打ち上げ、世界全土を毎日観測できる新たな地球観測プラットフォームの構築を開始している。

スピーカー

船橋 仁

株式会社ICMG
代表取締役社長 /
証券リサーチセンター 理事

  • パネルディスカッション
    モデレータ

総合商社を経て、1987年株式会社リクルートに入社。人材総合サービス部門、新規事業開発室を経てビジネスインキュベーション事業部を創設。雑誌『アントレ』を創刊。2000年、リクルートビジネスインキュベーション事業部のビジネスサポート事業を継承する形で独立。日立製作所グループの経営改革、カネボウの3事業一体再生、DNPによる買収、大手出版社との提携強化など書籍出版業界の再編M&Aなどを積極的に推進。

開催概要

日時

2016年12月2日(金) 午後2時~午後7時15分

会場 東証ホール(東京都中央区日本橋兜町2-1 東京証券取引所ビル2階) >アクセス
対象 東京証券取引所へ上場している企業の経営者もしくは幹部社員
※非上場企業及び個人の方は、お申し込みいただいてもご参加になれません
定員 120名
料金 無料
申込締切 2016年11月18日(金)
※応募者多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。
 選考の結果はお申し込みいただいた皆様に11/25(金)までにメールにてお知らせ致します。

お問い合わせ 一般社団法人証券リサーチセンター
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-7 NBF日比谷ビル 21階(旧:大和生命ビル)
TEL: 03-6858-3216
Email: info@stock-r.org

パンフレットのダウンロードはこちら

アクセス

東京都中央区日本橋兜町2-1 東京証券取引所ビル2階

東京メトロ東西線茅場町駅(出口11)徒歩5分
東京メトロ日比谷線茅場町駅(出口7)徒歩7分
都営浅草線日本橋駅(出口D2)徒歩5分

開催者・スポンサー

主催 一般社団法人証券リサーチセンター運営サイト
後援 株式会社東京証券取引所/日本取引所グループ運営サイト
企画・運営 株式会社ICMG運営サイト

受付終了しました

統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。