証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ポエック

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ポエック

9264

アナリストレポート

アップデートレポート


フルレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 環境・エネルギー機器、動力・重機関連機器及び防災・安全機器を製造・販売 市場名 東証JASDAQ

事業内容(レポートより抜粋)

ポエック(以下、同社)は、環境・エネルギー事業、動力・重機等事業及び防災・安全事業を行っている。社名のポエック(Puequ)は、Pump Equipment Expert(ポンプ装置の専門家)に由来する。

同社グループは同社の他に独自の製缶・溶接技術を持つ三和テスコ(香川県高松市)、精密機械加工・特殊熱処理技術を持つ東洋精機産業(岡山県岡山市)及び、持分法非適用会社である泰元コーポレーションから構成されている。株式市場での業種分類は卸売業になるが、グループ全体ではメーカー機能、商社機能、修理やメンテナンスなどを提供するサービス機能を兼ね備えている。

環境・エネルギー事業の主な製品にはポンプ類や撹拌機などの水処理機器、オゾンガス発生装置、オゾン脱臭装置などの環境改善機器、熱交換器などがある。ポンプ類は工場や建物の水供給システムなどに使用される。国内メーカーからポンプ類を同社が仕入れ、販売する一方、メンテナンスも行っている。

撹拌機は複数の素材を均一になるように混ぜる装置で、食品メーカー、化学品メーカーで利用されている。同社で撹拌機を製造している。

オゾンガス発生装置は国内メーカーからOEM製品として供給を受け、同社はその販売とメンテナンスを行っている。オゾンガス発生装置は低濃度オゾンガスを発生し、空気中の浮遊菌を死滅させ、臭いを24時間連続して防ぐことが出来る。

熱交換器はフィンランドのVAHTERUS OY社との製造・販売契約に基づき、三和テスコがVAHTERUS OY社からプレートを輸入して、プレート&シェル熱交換器を製造し、同社が販売している。熱交換器の主な用途は冷凍機、食品製造や化学薬品製造における冷却・加熱プロセス、蒸気タービンなどが挙げられる。工場やプラントでは省エネルギーや温室効果ガス削減を目的に導入が進んでいる。

動力・重機等事業の主要製品は船舶用機械・部品及びプラント関係機器である。船舶用機械・部品は主に船舶用エンジン台板、燃料噴射弁部品などがある。船舶用エンジン台板は三和テスコが製造、販売している。燃料噴射弁も主として船舶用エンジンに組み込まれており、東洋精機産業が製造、販売している。

プラント関係機器はボイラー、圧力容器等があり、石油化学プラント、発電プラントで使用されている。三和テスコが製造、販売を行っている。

防災・安全事業の主な製品は屋内・屋外消火栓、スプリンクラー消火設備用加圧送水装置(製品名ナイアス)である。三和テスコが製造し、同社が販売している。同社のスプリンクラーは加圧のために電力を使わず、窒素ガスで加圧することで安定した散水を可能にしており、災害時に水道や電気が停止しても作動するという特徴を持つ。

(2017年12月1日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。