証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ブリッジインターナショナル

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ブリッジインターナショナル

7039

アナリストレポート

アップデートレポート

ベーシックレポート

新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 豊富な実績を誇るインサイドセールスソリューションを展開 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ブリッジインターナショナル(以下、同社)は、02年の設立以来一貫してBtoB企業(法人を対象に商品、サービスを提供する企業)に対して、インサイドセールス(顧客には訪問せず、電話やメール・Web等を活用して営業活動を行う非対面型手法)の導入による法人営業改革支援を行っている。

同社は、単一セグメントながら、
①しくみの提供を行う「インサイドセールスコンサルティングサービス」
②リソースの提供を行う「インサイドセールスアウトソーシングサービス」
③道具の提供を行う「システムソリューションサービス」
という3つにサービスを区分し、8つの製品サービス群を提供している。

こうした多彩なサービスメニューは、顧客のニーズや状況・体制に合わせて、部分的にも総合的にも活用することが可能であり、営業改革に取り組む顧客企業にとって大きな魅力となっている。

日本企業の法人営業活動は、見込客の発掘から、育成・案件醸成(提案書の作成、プレゼンテーション)、成約(クロージング)活動までを一人の営業担当者が属人的に全て行っている場合が多い。

こうした営業手法は、迅速性や顧客満足度等でメリットがある一方、案件数の増加に伴い、営業担当者に過度な負担を強いる恐れや営業プロセスのどこかでボトルネックが生じ易い等のマイナス面を持つ。

営業活動でみた場合、営業プロセスのどこかで本来求められる活動量が満たされずボトルネックが発生すると、後工程で生じれば直ちに、前工程で生じれば将来的な販売量を抑制することになる。

同社は、全ての営業プロセスを一人の担当者が担う仕組みでは、各プロセスの活動量にムラが生じてしまう問題点に着目し、インサイドセールス活用によって法人営業改革を支援している。

具体的には、営業プロセス毎に従来のフィールドセールスと呼ばれる訪問型営業担当者と顧客には訪問せずに電話やメール等で営業活動をするインサイドセールス担当者とで分業を行い、フィールドセールスが案件醸成とクロージングプロセスに専念できる効率的で機動的な営業活動を提案している。

同社の主要顧客は、インサイドセールスに慣れ親しんでいるグローバルIT企業が多いものの、インサイドセールス導入によって営業活動の効率化・生産性向上が期待できることはもちろん、働き方改革への取り組みとしても有益であるとの認識が高まり、顧客層は国内大手企業に拡大している。

(2020年5月22日時点)

沿革(レポートより抜粋)

同社は、現在も代表取締役社長を務める吉田融正氏によって設立され、BtoB企業向けのインサイドセールスに特化したサービスを提供し続けている。

その沿革からは、拠点拡大とツール開発に注力し、業界No.1企業としての地位を築き上げてきた軌跡が読み取れる。

18年10月に東京証券取引所マザーズ市場へ株式を上場した。

(2020年5月22日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。