証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ABホテル

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ABホテル

6565

アナリストレポート

アップデートレポート

ベーシックレポート

新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 「ABホテル」のブランドで愛知県を中心にホテル事業を運営 市場名 東証JASDAQ

事業内容(レポートより抜粋)

ABホテル(以下、同社)は、「ABホテル+地名」という名称で、愛知県を中心に宿泊特化型のホテルを展開している。

ホテルブランド「ABホテル」の「AB」は、「Amenity & Bright」の頭文字に由来する。「快適で明るい」のコンセプトのもと、「ビジネスホテルより快適で、シティホテルよりリーズナブルに」をキーワードに事業を行っている。

立地は駅前や主要インターチェンジ付近等のビジネス利用の需要が見込まれる地域をターゲットとしている。一部、観光立地の店舗もあるが、ビジネス利用が土台となっていることには変わりはない。宴会場や会議場を設けない宿泊特化型だが、建物は女性やファミリー層の利用を意識したつくりとなっている。

同社は、ホテル事業の単一セグメントだが、売上高は、東海エリア、関東エリア、北陸エリア、関西エリア、中国エリアの5つの地域に分類される。19/3期の売上高に占める割合は、本拠地の愛知県を含む東海エリアが72.5%を占めている。

(2019年7月5日時点)

沿革(レポートより抜粋)

同社の前身は、親会社である東祥のホテル事業部である。東祥は、元は東和建設という建設会社であったが、建設工事以外の事業展開を模索し、1996年にスポーツクラブ事業を開始した。

その後、99年に、愛知県安城市の東海道新幹線の三河安城駅前に「サンルート三河安城(現ABホテル三河安城本館)」を開業し、ホテル事業への参入を果たした。当初はホテル運営に関するノウハウがなかったため、ホテルサンルートのフランチャイジーとしての開業であった。

現代表取締役社長の沓名一樹氏は、東祥の現代表取締役会長の沓名俊裕氏の次男である。大学卒業後に米国ニューヨークでの語学留学を経て、まだホテルサンルートのフランチャイジーであった03年に、東祥に入社し、その後一貫してホテル事業に携わっている。

05年9月、東祥は自社ブランドでの展開を志向し、ホテルサンルートとのフランチャイズ契約を解消し、「ABホテル」での展開を開始した。「サンルート三河安城」は「ABホテル三河安城本館」に名称を変更するとともに、近隣に「ABホテル三河安城新館」を出店し、愛知県内での多店舗展開を開始した。

14年10月に、東祥から新設会社分割により、同社が設立された。メイン事業であるスポーツクラブ事業とホテル事業における経営の意思決定を速くし、それぞれの事業の出店を加速することが目的であった。この分割により、同社も年4~5店の出店を可能とする基盤が構築された。

その後、店舗数を17店舗まで増やしたところで、17年12月に東京証券取引所JASDAQスタンダード及び名古屋証券取引所市場第二部に上場した。上場後も店舗数の増加は続いている。

(2019年3月29日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。