証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ロゼッタ

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ロゼッタ

6182

アナリストレポート

アップデートレポート

フルレポート

基本情報

特色 機械翻訳主体の世界の創造に邁進する翻訳サービス会社 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ロゼッタ(以下、同社)は、産業翻訳に特化した翻訳サービス会社である。翻訳は、誰が行うかという観点で、人間翻訳と機械翻訳に大別される。同社グループでは、子会社で人間翻訳によるサービスを、親会社で機械翻訳によるサービスを提供している。

同社の機械翻訳の技術的なベースとなっている「統計的機械翻訳」は、ウェブ検索で得られた単語の組み合わせをデータベース化して内容を把握し、正確性を向上させる点に特徴がある。翻訳エンジンのほか、構築するデータベースの量と精度が問題となる。同社は10年以上の時間と資金をかけてデータベースを構築してきた。

現在、新規事業として位置づけられているのは、SaaSの形式で自動翻訳のソフトウェアを提供するMT事業、同社独自開発の翻訳支援ツールを援用した機械翻訳と人間翻訳の中間形態のGLOZE事業、ウェブを活用してフリーランサーを集めて翻訳を行うクラウドソーシング事業である。

同社では、全分野対応でウェアラブル端末内蔵型の新サービスを2022年までに完成させることを目指して開発を進めるなど、機械翻訳主体の世界の創造に向けて事業を進めている。同時に、人間翻訳主体から機械翻訳主体への業界転換に合わせ、事業ポートフォリオの転換を行っている。

人間による翻訳サービスから、機械翻訳のサービスまでをグループ内で網羅していることが同社の事業の特徴である。そのため、同社の事業は、機械翻訳をベースとした新規事業の3セグメント、人間翻訳をベースとする既存事業の2セグメントの合計5つの報告セグメントで構成されている。新規事業の3セグメントは、17/2期の売上高の約43%、17/2期の営業利益の約29%を占めている。

(2017年6月30日時点)

沿革(レポートより抜粋)

代表取締役CEOの五石順一氏は1989年より英会話学校を運営するノヴァでキャリアを積んできたが、98年にノヴァの社内ベンチャーとして、翻訳・通訳業務の受託を行うグローヴァを立ち上げ(2000年に法人化)、経営者としての道を歩み始めた。 グローヴァは、01年に企業向け語学研修を行う海外放送センターをM&Aにて子会社化した。この2社が、現在の同社の既存事業を構成することとなる。 五石氏は、自動翻訳によるサービスに着眼し、ノヴァから独立することを決意した。04年2月にアイピーオーバンク(東京都港区)が保有していた有限会社Pearly Gatesの全株式を譲り受けた上で株式会社化するとともに、同年4月にノヴァが保有していたグローヴァの株式をMBOの形で買収した。

その後、商号をロゼッタに変更し、同社と子会社2社の体制での船出となった(なお、海外放送センターは当初孫会社だったが、12年に同社の子会社となり、17年3月にグローヴァと合併する予定である)。なお、同社はノヴァからの出資は全く受けていない。

独立後、同社は自動翻訳の開発に注力してきた。独立した04年に翻訳者向けの翻訳支援ツールの「TraTool」を、06年には同社の自動翻訳の中核サービスとなる「熟考」をリリースした。この後、機能強化や機能付与をしながらバージョンアップを続け、12年には翻訳支援ツール機能を搭載した「熟考Z」のサービス開始に至った。

同社は、翻訳者の人手をかける従来型の翻訳業務受託サービスと、MT事業の自動翻訳サービスを有しているが、22年を目途に、自動翻訳AIに、画像認識と音声認識のAIを組み合わせたウェアラブル端末型の翻訳装置を完成させることを目標としている。

翻訳の作業を人間から機械に置き換えていく流れの中で、その中間にも市場があると着目して13年に立ち上げたのがGLOZE事業である。これは、従来の人手による工程の一部を、MT事業で培ってきた技術を援用したツールで自動化することで、質を落とすことなく短納期で成果物を提供できるサービスである。

(2017年2月3日時点)



ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社 有限責任あずさ監査法人
  • 新日本有限責任監査法人
    優成監査法人
    有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。