証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ブランジスタ

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ブランジスタ

6176

アナリストレポート

基本情報

特色 インターネットを使った企業プロモーション支援事業を手掛ける 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ブランジスタ(以下、同社)は、「あらゆる企業のプロモーションを支えるベストパートナーであり続ける。」という行動理念のもと、「インターネット主とした企業プロモーション支援事業」を手掛けている。同社の親会社はLED照明レンタルなどを手掛けるネクシィーズグループ(4346東証一部)で同社株の47.7%を保有している(17年3月末)。連結子会社は15年10月に設立されたブランジスタゲーム1社である。

同社の前身はネクシィーズ(現ネクシィーズグループ)が00年11月にメールマガジンの運営と会員の管理を目的に設立したイデアキューブである。11年4月にネクスィーズのグルーブ会社である旧ブランジスタを吸収合併し、現在の商号となった。

同社の事業は電子雑誌の出版と企業の様々なプロモーションを支えるソリューションに分類される。電子雑誌については、07年に「旅色(たびいろ)」を創刊し、その後様々なジャンルの雑誌を発刊している。

17年3月末現在、「GOODA(グーダ)」、「SUPER CEO(スーパー・シーイーオー)」、「美人財布(ビジンザイフ)」、「政経電論(セイケイデンロン)」など、月間や季刊で定期的に発行される基幹電子雑誌合計12誌(6/17創刊予定の「MaRiche(マリッシュ)」で13誌)、不定期に発行される別冊旅色10誌を展開している。同社の発行する電子雑誌は全て無料で購読でき、ネット媒体には登場することの少ない著名な女優や俳優、タレントなどが登場することが特徴である。

同社の事業は、「インターネットを主とした企業プロモーション支援事業」単一であるが、売上高は提供サービスの内容により電子雑誌とソリューションに分類されている(図表1)。尚、17/9期からは16年6月に開始した子会社のゲーム事業が売上高に加わっている(16/9期は売上高が少額のため、売上区分していない)。

同社の「インターネットを主とした企業プロモーション支援事業」は提供サービスの内容により、電子雑誌業務(「電子雑誌広告掲載」、「電子雑誌制作受託」)と、ソリューション業務(「ウェブサイト制作・運営」、「ECサポート」、「CRMサービス」)に分類され、17/9期上期の売上構成比は電子雑誌が60.3%、ソリューションが34.7%、その他(ゲーム)が5.0%となっている。

「電子雑誌広告掲載」では、宿泊施設や飲食店といったクライアントから受領する広告掲載料が同社の収益となる。クライアントとの契約は、通常の雑誌広告のスポット契約とは異なり、年間契約となっている。クライアントは契約更新し、長期間継続して広告を掲載することが可能で、定着率は高い(同社によれば16/9期は約70%のクライアントが契約を更新)。

このため、年々広告掲載件数が増加するストック型収益モデルとなっている。「電子雑誌制作受託」では、制作委託元の企業から受領する電子雑誌の制作受託料が収益となる。

「ソリューション」では、小売業を中心とするクライアント企業から受領するサイト制作料、運営料及び業務委託料が同社の収益となる。

売上原価は、労務費(制作人件費など)と外注費(カメラマン等の外注費用)が大きな部分を占め、17/9期上期の原価率は36.2%であった。17/9期上期における販売費及び一般管理費(以下、販管費)の売上高に対する比率は54.9%で、人件費が販管費の約55%を占め、広告宣伝費と販売促進費の合計は同約14%を占めている。

(2017年6月9日時点)

沿革(レポートより抜粋)

00年11月に親会社であるネクシィーズ(現ネクシィーズグループ)のメールマガジン会員の運営を目的として、同社の前身であるイデアキューブが設立された。

現社長の岩本恵了氏は、97年にネクシィーズ入社、99年に取締役に就任、02年にイデアキューブの代表取締役となった。イデアキューブは03年にソリューション業務を開始、05年にはプロ野球球団「福岡ソフトバンクホークス」のファンクラブ運営業務を受託し、会員へのメール配信業務代行を開始した。

07年2月、ネクシィーズと芸能プロダクションであるレプロエンタテイメントの共同出資により(旧)ブランジスタが設立され、同年12月に電子雑誌「旅色」が創刊された。当該会社は11年4月にイデアキューブに吸収合併され、イデアキューブは社名を改めブランジスタとなった。こうして現在の同社の体制が整えられた。

同社は11年9月に「GOODA」、12月に「MARIA PREA(マリア プレア)」(15年11月に「Bon Mariage」として創刊)、13年4月に「SUPER CEO」、「美人財布」と相次いで電子雑誌を創刊し、業容を拡大していった。

15年9月に東証マザーズ市場に株式を上場、同年10月にオンラインゲーム事業・スマートフォンアプリ事業を目的とするブランジスタゲーム(連結子会社)を設立した。ブランジスタゲームは16年6月にオンラインスマホクレーンゲーム「神の手」を開始している。

(2016年7月1日時点)



ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社 有限責任あずさ監査法人
  • 新日本有限責任監査法人
    優成監査法人
    有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。