証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ワシントンホテル

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ワシントンホテル

4691

アナリストレポート

アップデートレポート


ベーシックレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 「ワシントンホテルプラザ」と「R&Bホテル」のホテルチェーンを展開 市場名 東証二部、名証二部

事業内容(レポートより抜粋)

ワシントンホテル(以下、同社)は、1964年に中部財界の出資で開業した都市型ホテルの「名古屋国際ホテル」から出発した企業である。

現在は、「名古屋国際ホテル」のほか、ビジネスホテルチェーンの「ワシントンホテルプラザ」、宿泊特化型ホテルの「R&Bホテル」を展開している。

同社の事業は、ホテル事業の単一セグメントだが、ワシントンホテルプラザ事業、R&Bホテル事業、名古屋国際ホテル事業の3事業部門に分類されている。売上高ではワシントンホテルホテルプラザ事業が過半を占めているが、利益ではR&Bホテル事業が過半を占めている。

ワシントンホテルプラザは、1969年に1号店開業というビジネスホテルの草分けである。1府14県の主要駅または繁華街に近い立地に18店を有している。

シングル、ツイン、ダブルといった各種タイプの部屋を有するほか、出店時の状況により、店舗ごとに飲食店や宴会場等の付帯施設が異なる。19/3期のADRは6,570円、RevPARは4,767円、稼働率は72.6%である。

R&Bホテルは、首都圏を中心に展開する宿泊特化型ホテルである。1都1道2府8県に23店を有している。「R&Bホテル八王子」を除けば、すべてのホテルがシングルルームで構成されている。

飲食店や宴会場といった付帯設備はない。またチェックイン工程の細分化等により、少人数オペレーションを可能にすることで、リーズナブルな価格での提供を実現している。19/3期のADRは6,013円、RevPARは5,093円、稼働率は84.7%である。

(2019年10月25日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。