証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > イーソル

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

イーソル

4420

アナリストレポート

アップデートレポート


ベーシックレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 自動車向けの中心とする組込みソフトウェア製商品と関連サービス等を提供 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

イーソル(以下、同社)は、組込みソフトウェア事業とセンシングソリューション事業を展開している。

セグメント別売上高が開示されている16/12期以降を見ると、自動車向けを中心とする組込みソフトウェア事業とセンシングソリューション事業の売上高構成比は、概ね9:1で推移しており、75年の設立時からの事業である組込みソフトウェア事業を事業基盤としている。

組込みソフトウェア事業において、同社グループは、国内外の自動車関連メーカー、デジタル家電メーカー、産業機器メーカー、医療機器メーカー等に対して、
(1)組込み機器向け「RTOS(リアルタイム・オペレーティング・システム)」の開発・販売や、組込みソフトウェア開発のためのツールの販売(以上、ソフトウェア製品)
(2)組込みソフトウェアの受託開発としての組込みソフトエンジニアリングサービス、組込みソフトウェア開発にかかわるコンサルティング、組込みソフトウェア開発エンジニアの教育(以上、エンジニアリングサービス等)
を行っている。

同社とフランスの連結子会社のeSOL Europe S.A.S.が、RTOS及び開発支援ツールの開発・販売とエンジニアリングサービスを担当しており、連結子会社のイーソルトリニティが他社製の開発支援ツールの販売や、開発支援コンサルティング、エンジニア教育を担当している。

同社のRTOSは個別の応用市場に特化しない産業横断的な技術要素によって開発されており、基本的には同社が直接、エンドユーザーに販売している。

一方、特に高い成長が期待される自動車市場に対しては、同社がデンソー(6902東証一部)等の一部の顧客に直販するほか、デンソー、日本電気(6701東証一部)の連結子会社の日本電気通信システムと設立した持分法適用関連会社オーバス(出資比率は、デンソー51%、同社35%、日本電気通信システム14%)が、自動車向けに特化したソフトウェア製品、サービスをエンドユーザーに提供している。

RTOSは、組込み機器向けに特化したオペレーティング・システムであり、ネットワーク等の通信機能、ハードディスクやSDカード等のストレージデバイスにデータを書き込むためのファイル機能や各種デバイスドライバ等を備えている。

RTOSは、コンピュータの中枢部であるCPU(中央演算処理装置)が新しくなれば変更する必要があるため、技術的に大きく進化したCPUが組込み機器に採用される毎に、同社では新たなRTOSを開発している。

組込みソフトウェア事業におけるソフトウェア製品とエンジニアリングサービス等の売上高構成比は、数値が開示されている17/12期以降では、概ね20~25%:75~80%で推移している。

組込みソフトウェア事業の営業利益率は8%前後で推移しているが、研究開発費と後述するリビジョンアップ費用が利益率の変動要因の一つとなっている。

(2019年11月8日時点)

沿革(レポートより抜粋)

同社は、制御系ソフトウェア開発の受託事業を目的として、東京都台東区にエルグ株式会社として75年に設立された。

創業当初は、大手総合電機会社から受注した組込みアプリケーション開発等を派遣形態で手掛けていたが、84年に米Intelのマイクロプロセッサーである「Intel 8086」に対応した独自仕様のRTOS「MKP86」の開発に成功した。

MKP86は主として日本企業のマルチファンクションプリンタ(MFP)に採用され、同社は組込みソフトウェアの自社製品を販売する元請け会社としての事業展開に舵を切った。

同社は、事業譲受により流通・物流向けの特機事業(現センシングソリューション事業)を79年から開始していたが、販売していたプリンタは他社開発品であった。同社は、87年に自社で開発した車載用指定伝票発行機(プリンタ)の販売を開始した。

同社は97年に、μITRON仕様に準拠したRTOS「PrKERNEL」を発売した。01年にはエンベデッドプロダクツ事業部を設立し、組込み向けソリューションを強化すると共に、社名をイーソルに変更した。

05年には現在の主力製品となっているμITRON仕様に準拠し、T-Kernelを拡張したRTOS「eT-Kernel」を発売した。

同社は、自動車関連については、従来はカーナビゲーション向け等を中心としていたが、AUTOSARツール/基盤ソフト「eSOL ECUSAR」を11年に発売し、車載向けソリューションの本格展開を開始した。

13年には、長谷川勝敏専務取締役(当時)が代表取締役社長に就任した。長谷川社長は、同社の働き方改革を主導して、エンジニアのモチベーションを向上させると共に、グループ展開を強化した。

18年10月、同社は東京証券取引所マザーズ市場に上場した。同社株式は、19年10月に東証マザーズから東証一部に市場変更された。

(2019年11月8日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。