証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > 恵和

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

恵和

4251

アナリストレポート

アップデートレポート


ベーシックレポート


新規上場会社紹介レポート

基本情報

特色 高シェアの光拡散フィルム製品「オパルス」を持つ高機能フィルムメーカー 市場名 東証二部

事業内容(レポートより抜粋)

恵和(以下、同社)は、高機能フィルムを提供するメーカーである。同社の製品は、スマートフォンやタブレット等の液晶ディスプレイ(以下、LCD)に使用される光学シートのほか、包装資材や産業資材等に使われている。

包装資材や産業資材等を取り扱う機能製品事業は創業時からの事業であり、機能製品事業で培ってきた技術を活かして事業化されたのが光学シート事業である。

同社の事業は、光学シート事業と機能製品事業の2つの報告セグメントに分類される。光学シート事業の売上構成比は約60%だが、利益の大半を稼ぐ収益の柱となっている。

同社の優位性を支えるのが、特定の機能を持つシート状の素材を作り出すために長年にわたって蓄積してきたシーティング技術(Sheeting 成膜)、ラミネーティング技術(Laminating 積層)、コーティング技術(Coating 塗布)の3つのコア技術である。

これらの3つの技術のうち、単独で保有している企業は他にもあるが、3つとも1社で保有している企業はなかなか見当たらないとされている。

この3つのコア技術に、今後の本格的な活用が期待される紙やフィルム等の素材を精細に加工するウルトラプレシジョン技術(Ultra-precision)が加わる。同社ではこの4技術の頭文字をとり、「SLC×UP」と称している。

(2019年11月1日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。