証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ビーブレイクシステムズ

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ビーブレイクシステムズ

3986

アナリストレポート

アップデートレポート

ベーシックレポート

基本情報

特色 サービス業向けを中心にERPソフトウェア「MA-EYES」を開発・提供 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ビーブレイクシステムズ(以下、同社)は、労働集約型・プロジェクト型のサービス業向けを中心にERPソフトウェア「MA-EYES(エムエーアイズ)」を開発・提供する独立系のITサービス会社である。

MA-EYESを中心とした自社開発ERPソフトウェアをSaaS形態や一括導入形態でエンドユーザーに直接提供するパッケージ事業に加え、エンドユーザーや元請先のシステムインテグレーター等の顧客企業に常駐してシステム開発を行うシステムインテグレーション事業を兼営し、両事業の繁閑に応じてシステムエンジニア等の技術者の配置を機動的に変更する体制を採っている。

パッケージ事業の主力製品であるMA-EYESは、システム開発業、派遣業、インターネット業、コンサルティング業の4業種向けであるVシリーズと、広告業向けであるAシリーズに分かれている。

その他、海外拠点統合管理システムである「GLOBAL EYES」や、基幹システムの開発を自社開発したソフトウェアを用いて受託開発を行う「J-Fusionソリューション」という製品・サービスがあり、業種を問わずに提供しているが、両サービスの売上高はごく僅かと見られる。

MA-EYESは、財務会計や人事・給与などの機能を中心に発展した多くのERPソフトウェア製品とは異なり、プロジェクト管理機能に焦点を当てて開発された後、段階的に機能強化を実施して統合型基幹業務パッケージに進化した。

そのため、現時点においても、労働集約型・プロジェクト型のサービス業(システム開発、派遣、インターネット、コンサルティング、広告)での利用が中心となっている。

現状のモジュールは、プロジェクト管理、財務会計、グループウェア、SFA(商談情報管理)、人材派遣管理、作業実績・勤怠、購買・経費、在庫管理、帳票・分析、申請・承認等、多くの機能を網羅している。

MA-EYESの導入に当たっては、パラメータ設定方式とセミオーダー方式を取り扱っている。パラメータ設定方式は企業独自のパラメータを設定して標準機能をそのまま使用するものであり、短期間での導入が可能になる一方で、「ERPに合わせて業務プロセスの変更を余儀なくされる」ことが問題点として指摘されることが多い。

セミオーダー方式においては、企業独自の業務要件がMA-EYESの標準機能に合致している部分はそのまま使用し、企業特有の要件の部分はアドイン開発を行うことで、企業の業務プロセスに合わせたシステムの導入が可能になる。

業種や会社によって、業務プロセスが大きく異なるサービス業において、この点が高く評価されている模様である。

また、セミオーダー方式は、全てを一から開発するスクラッチ開発に比べて、低価格・短期間でシステム導入が行えることから、予算の制約からERP導入が難しかった従業員数100人~1,000人程度の企業にとって、魅力的な選択肢となったようである。

(2018年11月9日時点)

沿革(レポートより抜粋)

同社は、SAPジャパン株式会社でシステムコンサルタントであった白岩次郎代表取締役社長と鹿取裕樹取締役、白岩社長の大学時代からの友人であり、日立製作所の技術者であった上川伸彦取締役によって、02年7月に設立された。02年11月に入社した高橋明取締役を含め、4人が創業メンバーとなっている。

白岩社長はSAPジャパン時代、システムコンサルタントとして鉄道会社や大手コンビニ等の顧客を担当していたが、しばしば、SAP社のERPソフトがそのままでは日本企業の業務プロセスとは上手く合わず、追加でカスタマイズ開発を行う必要があることや、その開発には時間とコストがかかることに問題意識を持っていた。

そこで、白岩社長は、Java技術を用いて、スクラッチ開発よりも短期間、低価格で基幹業務システムを構築できるセミオーダー型システム開発稼働環境ソフトウェアであるJ-Fusionを作り上げ、02年9月に発表した。

J-Fusionの発表以降、同社は一定の顧客を確保したものの、最終製品ではないJ-Fusion関連の仕事だけで業績が安定しなかったため、元請先のSIerが受託した企業向けのシステム構築案件に参画し、顧客企業に常駐して業務を行うSI事業を中心にビジネスを展開していた。

一段の成長を目指すには、J-Fusionの技術をベースとして、自社開発のERPソフトウェアを提供すべきという結論になり、05年10月にセミオーダーを前提とするMA-EYESをリリースして、パッケージ事業を開始した。

対象とする業種を労働集約型・プロジェクト型のサービス業に特化したことと、優れたプロジェクト管理機能を有していたことから、MA-EYESは発売後すぐに顧客を獲得した模様である。

10年5月には、MA-EYESに財務会計モジュールなどの機能を追加して、統合型基幹業務パッケージとしての提供を開始した。同時に、サービスの提供形態も拡充し、一括導入版(セミオーダーだけではなく、そのまますぐ利用可能なもの)とSaaS版をリリースした。

13年3月、海外に複数の拠点を持つグローバル企業に向けて、海外拠点統合管理システムGLOBAL EYESをリリースした。17年6月、同社は東京証券取引所マザーズ市場に上場した。

(2018年4月13日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。