証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > エディア

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

エディア

3935

アナリストレポート

アップデートレポート

フルレポート

基本情報

特色 スマートフォン向けのコンテンツサービスの企画・開発・運用を手掛ける 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

エディア(以下、同社)は、「SMART MEDIA COMPANY」を企業ビジョンとし、スマートフォンを中心とするモバイル向けに各種コンテンツサービスを提供している。

同社の設立は99年4月で、同年10月から携帯電話向けのサービス提供を開始した。その後も継続して実用性とエンターテイメント性にこだわったサービスの創出に取り組んでおり、各種ゲームから生活関連情報に関するものまで幅広いサービスを展開している。

同社の社員は9割以上がエンジニア、プランナー、デザイナーといった高い技術を持つクリエイターで、コンテンツの企画から運用までを一貫して社内で制作できる体制となっている。また、自社サービスだけではなく、各ジャンルにおいて、専門性の高い企業との共同事業及び受託事業も手掛けている。

ゲームアプリケーション(以下、ゲームアプリ)の主なものは、麻雀とカードバトルを融合したファンタジーRPG「魔雀ヴィーナスバトル」、伝説の武器をモチーフにした美少女キャラクターが登場するRPG「ヴィーナスブレイド」などである。生活関連情報に関するアプリケーションはラーメン好きが集まり店舗情報などを相互発信する「超らーめんナビ」、声優やアニメキャラクターなどの声で道順を案内してくれるナビゲーションアプリ「MAPLUS+声優ナビ」などである。

なお、同社に連結子会社はなく、モバイルインターネットサービス事業の単一セグメントである。

(2017年5月12日時点)

沿革(レポートより抜粋)

99年4月にモバイルコンテンツのサービス業務を目的として設立された。同年10月、携帯電話向け公式サイト注9「デート&ドライブナビ」の提供を開始し、翌年11月には「超らーめんナビ」の提供を開始、03年には主婦の友インフォス情報社と協業で「超速ロト・ナンバーズ」の提供を開始した。

同社は、創業から04年までを「創業期」、その後13年までを「挑戦期」、それ以降を「成長期」と位置付けており、「創業期」にはフィーチャーフォン向けのライフサポートサービスの開発を推進し、「挑戦期」にモバイル事業への転換を進めるとともにゲーム事業への参入を実現した。「成長期」とする現在は、独自のアライアンスビジネスモデルによるゲームやライフサポート分野のアプリ開発を積極化している。

16年4月に東証マザーズ市場に株式を上場した。

創業から現在まで社長を務める原尾正紀氏は、九州大学工学部卒業後、日産自動車(7201東証一部)に入社、ナビゲーションなど自動車のIT分野の企画開発に携わったのちに同社を創業した。

(2017年5月12日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社 有限責任あずさ監査法人
  • 新日本有限責任監査法人
    優成監査法人
    有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。