証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ラクス

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ラクス

3923

アナリストレポート

アップデートレポート

フルレポート

基本情報

特色 中小企業の業務効率化のためのクラウドサービスを提供 市場名 東証マザーズ

事業内容(レポートより抜粋)

ラクス(以下、同社)は、主に中小企業向けに、業務効率化に資するシステムを、簡単に導入及び使用できるクラウドサービスの形で提供することを主な事業としている。サービスの提供は、ユーザー数やデータ量に応じた月額課金型をベースとしたサブスクリプションモデルにより行われ、同社のクラウド事業はストックビジネスとして展開されている。

現在の主力のクラウドサービスは、顧客からの問い合わせメールを一元管理・共有する「メールディーラー」、交通費や旅費、経費精算を行う「楽楽精算」である。最も売上高が大きい「メールディーラー」は、対象となる市場は大きくないものの、市場シェアが高く、収益性も高い。

一方、2番目に売上高が大きい「楽楽精算」は、導入社数は首位であるものの、市場自体がこれから本格成長を迎える段階である。今後の拡大に期待が持てる市場であることから、シェアをとるべく積極投資を行っている。

このように、同社は複数のクラウドサービスを展開しており、それぞれのサービスの成長段階に応じて、全体最適のサービスポートフォリオを構築している。ポートフォリオとして管理することで、同社は、投資効率の最適化や、会社全体での高成長の継続を図っている。

同社の事業は、中小企業向けに業務効率化に資するクラウドサービスを提供するクラウド事業と、ITエンジニアの派遣を行うIT人材事業の2つのセグメントで構成されている。クラウド事業を展開するにあたり、エンジニア不足を解消するためにIT人材事業を始めたという経緯もあり、事業の中核はクラウド事業となる。クラウド事業は、17/3期の売上高の70.8%、営業利益の85.6%を占めている。

(2017年8月4日時点)

沿革(レポートより抜粋)

代表取締役社長の中村崇則氏は、大学卒業後、1996年に日本電信電話(9432東証一部 以下、NTT)に入社した。時は折しもインターネットの普及期にあたり、中村氏は電子メールサービスに可能性を感じ、翌97年には合資会社デジタルネットワークサービスを設立した。その後、ネット企業の起業ブームを背景に、ベンチャーキャピタルの出資を受け、デジタルネットワークサービスは00年に株式会社インフォキャストに改組し、その取締役に就任した。

ただし、中村氏らによるインフォキャストの経営も長くはなく、インフォキャストは同00年に楽天に売却されることとなった。資本力のある外資企業がライバル企業として参入してきたことで、将来の不透明性を感じたことが背景にあった。そして、その売却後、アイティーブースト(現ラクス)を設立した。

インフォキャストの事業では、メールの問い合わせとその処理業務が多い一方、問い合わせにきちんと対応しきれずに、顧客とのコミュニケーションに不都合が生じる場面を経験した。その経験から、少人数の組織であっても大量の問い合わせメールに対応できるためのシステムの必要性を感じ、そうしたシステムを作って、クラウドサービスの形態で提供する事業を立ち上げようとした。

この時点で同社が直面したのは、クラウドサービスを構築するエンジニアが集まらないという問題であった。そこで、01年のクラウド事業(当時はITシステム事業)の立ち上げと同時に、エンジニアを目指す人を集めて育成するITエンジニアスクール事業を開始した。エンジニアを育成しながら、クラウドサービスを開発する体制を整えるのが目的であった。こうして、必要なエンジニアを確保しつつ、現在の主力サービスである統合メールサポートシステム「メールディーラー」が開発された。

なお、このITエンジニアスクール事業は、02年に開始したIT人材事業に徐々に転換し、現在も、育成したエンジニアの派遣を行っている。

中村社長は、同社とは別に、エクスビット株式会社というサーバーレンタルの会社を立ち上げていた。このエクスビットを、05年に子会社化し、翌06年には同社に吸収合併した。ただし、同社ではクラウドサービスでの提供を基本としていること、レンタルサーバーの業界の競争が激しいこと、既存顧客だけで利益が出ることから、サービスラインナップの一つにとどめている。

当初「メールディーラー」のみで展開されてきたクラウド事業だが、07年のメール配信システム「配配メール」の販売開始を皮切りに、異なる成長ステージのサービスを複数持つ、サービスポートフォリオの構築が本格化した。08年にWebデータベース「働くDB」、09年に経費精算システム「楽楽精算」の販売が開始された。こうしてサービスのラインナップが充実してきた10年に、現在のラクスに商号が変更された。その後も、11年にメール配信システム「クルメル」、13年にWeb請求書発行システム「楽楽明細」が投入され、ラインナップの充実が続いている。

(2016年8月26日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社 有限責任あずさ監査法人
  • 新日本有限責任監査法人
    優成監査法人
    有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。