証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ジャパンミート

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ジャパンミート

3539

アナリストレポート

アップデートレポート

フルレポート

基本情報

特色 東京都や茨城県を中心に首都圏で展開する独立系食品スーパーマーケット 市場名 東証二部

事業内容(レポートより抜粋)

ジャパンミート(以下、同社)は、東京都や茨城県を中心に首都圏においてテナント形態や単独店舗で食品スーパーなどを展開する独立系のチェーンストアである。

店舗業態としては、同社単体が運営する「ジャパンミート『生鮮館』」(以下、生鮮館)及び「ジャパンミート『卸売市場』」(以下、卸売市場)、連結子会社パワーマートが運営する「パワーマート」、連結子会社である花正が運営する「肉のハナマサ」があり、4業態でスーパーマーケット事業(17/7期末店舗数80店)を構成している。

生鮮館はテナント形態、その他の業態は単独店舗での出店となっている。これまで生鮮館は、ジョイフル本田(3191東証一部)グループが運営する郊外型大型ホームセンターにだけ出店していたが、17年6月に丸井グループ(8252東証一部)が運営する都心型百貨店である錦糸町店に出店した。

その他、子会社ジャパンデリカが「焼肉や漫遊亭」というブランド名で外食事業(その他事業、17/7期末店舗数15店)を運営している。

同社は、17年2月に「肉フェス」など食に関わるイベントを展開するAATJ(イベント事業)を、17年4月にスーパーマーケットに対するレジ業務を受託するアクティブマーケティングシステム(以下、AMS、アウトソーシング事業)を買収し、その他事業に加えた。

17/7期の売上高構成比(外部顧客への売上高ベース)は、スーパーマーケット事業96.9%、その他事業3.1%、セグメント間取引消去前営業利益の構成比は、スーパーマーケット事業96.8%、その他事業3.2%となっている。

同社の17/7期の有価証券報告書には、ジョイフル本田グループのホームセンターに出店する生鮮館の売上高構成比が38%であることや、花正の売上高が36,641百万円であることが開示されており、生鮮館と肉のハナマサの2業態合計の売上高は全体の70~75%を占めていると推測される。

(2017年12月8日時点)

沿革(レポートより抜粋)

同社は、代表取締役社長である境正博氏の実祖父(前取締役会長)が茨城県行方群北浦町(現行方市)において1945年に食肉の小売・卸売を目的として丸八肉店を個人創業したことを起源としている。

64年に創業間もない株式会社霞ストアー(現株式会社カスミ)への卸売取引が始まり、霞ストアーの精肉部門的な位置づけを得て、同社の業績も急拡大した。75年には個人事業から法人事業に変更するため、カスミ畜産株式会社を設立した(01年に吸収合併)。

78年に卸売店舗を出店するにあたり、霞ストアーとの混同を避けるため、株式会社ジャパンミート(同社)を設立し、現取締役会長である境弘治氏(境正博社長の実父)が代表取締役に就任した。

83年に長崎屋から精肉のテナント出店の話が来たことから、長崎屋勝田店(茨城県ひたちなか市)内に小売1号店を開設した(生鮮館ひたちなか店開設に伴い98年に閉鎖)。

84年にコロッケやローストチキンなど、肉を用いた惣菜の製造販売を目的とした子会社であるジャパンデリカを設立した。

93年にはジョイフル本田が守谷店を開設するにあたり、要請を受けた地元のスーパーがホームセンターの集客力を過小評価し、出店を断ったため、トップ同士の個人的な交流などがきっかけになり、同社がホームセンター1号店(生鮮館)を出店するに至った。

当時の生鮮館は、同社がキーテナントとしてジョイフル本田と契約した上で、精肉は同社が、青果や鮮魚、惣菜、その他の食品は同社が契約した外部のサブテナント(青果は株式会社黒田青果、鮮魚は株式会社兼高、惣菜は株式会社そうざい男しゃく)が店舗を運営していた。

同社の店舗運営が評価されたため、その後は、ジョイフル本田が新規開設した全ての店舗に同社の生鮮館が同時にテナント出店しているほか、93年以前にジョイフル本田が開設していた店舗においても、スペースが不足している3店舗を除いて、03年から12年にかけて生鮮館の出店を進めた。

94年に同社初の単独店形態での食品スーパーであるJバリュー見和店をオープンしたものの、不慣れな青果、鮮魚も自社で手掛けたことからこちらの運営には苦労したようである。

97年には惣菜販売が不振となっていたジャパンデリカを外食事業に業態転換し、「焼肉や漫遊亭」水戸50号店を出店した。その後は、BSE問題などで業界が厳しい時期もあったが、1~2年に1店程度のペースで出店を継続している。

黒田青果が運営する北関東の食品スーパーであるパワーマート内に精肉テナントとして入居した住吉店を99年にオープンし、その後も、少しずつパワーマート内への出店を進めた。

01年に加工物流センターが品質認証規格であるISO9001を同社で初めて取得したことで、取引先から評価が向上した。その後は、03年に同社もISO9001を取得するなど、グループぐるみでISO9001の取得に取り組んでいる。

03年に黒田青果を完全子会社とし、青果部門をグループ化すると共に、黒田青果のパワーマートの運営を引き継いだ(10年に会社分割により、パワーマートを運営する株式会社パワーマートを設立)。

04年に兼高を、08年にはそうざい男しゃくを完全子会社とし、鮮魚部門と総菜部門をグループ化した(14年に両社を吸収合併)。

09年になると、進出の機会をうかがっていた東京都や埼玉県などで出店条件が改善してきたため、卸売市場という単独店の新業態を開始することを決定し、5月に東村山店、10月に入間店をオープンした。

13年には、肉のハナマサを運営する株式会社花正の再建を経営破綻後スポンサーとなっていた全日本食品株式会社(全日食)から依頼され、同社最大のM&A案件となった花正の買収に踏み切った(株式取得額4,265百万円、のれん3,396百万円、償却期間10年)。

16年4月、同社は東京証券取引所市場第二部に上場した。

(2017年5月12日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社
  • 有限責任あずさ監査法人 新日本有限責任監査法人 有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。