証券リサーチセンターが魅力ある上場企業の無料アナリストレポート(ホリスティック企業レポート)を公開

TOP > アナリストレポート > ブラス

ホリスティック企業レポート(無料アナリストレポート)

ブラス

2424

アナリストレポート

アップデートレポート

フルレポート

基本情報

特色 東海地区を中心に完全貸切ゲストハウスを展開 市場名 東証一部、名証一部

事業内容(レポートより抜粋)

ブラス(以下、同社)は、「それぞれの新郎新婦にとって、最高の結婚式を創る。」という理念のもと、完全貸切ゲストハウスにこだわった、ウェディング事業を展開している。

同社が展開するゲストハウス(以下、施設)は全て直営方式で運営しており、プライベート感やオリジナル感を重視した挙式・披露宴を顧客に提供している。同社は03年に「ルージュ:ブラン」(愛知県一宮市)を初出店した後、毎期1施設のペースで新規出店を続けている(16/7期は2施設を新規出店)。

17年7月末現在の施設数は、名古屋エリア4施設、三河・知多エリア5施設、尾張・岐阜エリア2施設、静岡エリア3施設、三重エリア3施設、大阪エリア1施設の合計18施設である。

同社に連結子会社はなく、「ウェディング事業」の単一セグメントで、売上高の開示についても、「ウェディング事業」のみである。

(2017年10月6日時点)

沿革(レポートより抜粋)

98年4月に、現社長である河合達明氏が結婚式司会者派遣を目的として「有限会社ブラス」を設立した。03年2月、第1号店となる「ルージュ:ブラン」を愛知県一宮市に出店し、04年に「株式会社ブラス」へ組織変更した。その後、岡崎市の「ブルー:ブラン」、安城市の「ブラン:ベージュ」など愛知県内への出店を進めていった。

県外への初進出は08年10月の「ヴェールノアール」(岐阜県羽島市)出店で、その後三重県、静岡県へと施設展開を進めている。

16年3月に東証マザーズ市場及び名証セントレックス市場に株式を上場した。

創業時から社長を務める河合氏は、89年にイベント制作やブライダルの企画等を手掛けるドゥ・クレッセンドに入社し、93年には食品製造販売会社である真誠に入社、その後に同社を創業している。ウェディング事業を手掛けるきっかけとなったのは、21歳の時に友人の結婚式で初めて司会者を務めたことである。 同社は17年4月7日に東証一部、名証一部に市場変更した。

(2017年5月19日時点)

ご意見・お問い合わせ

あなたのご意見をお聞かせ下さい。

メールアドレス



協力企業・団体


  • SMBC日興証券株式会社
    大和証券株式会社
    野村證券株式会社
    みずほ証券株式会社 有限責任あずさ監査法人
  • 新日本有限責任監査法人
    優成監査法人
    有限責任監査法人トーマツ
    株式会社ICMG
統計データは信頼している情報ソースからのデータを掲載しています。またデータの更新は可能な限り人手を介さないようするなど、事実の正確性やコメントの妥当性には十分に配慮していますが、データの正確性・完全性を保証するものではありませんし、後日、予告なく修正される場合があります。なお、当サイトが提供するサービスやデータは投資情報などの情報提供を目的としたものであり、掲載している如何なる企業・産業への投資等、或いは売却を推奨しているものではありません。従って投資等に関する最終決定はご自身の判断に依存するものとします。